Lawyer 弁護士紹介

学校・労災・スポーツ・介護・医療事故。どんな死亡事故でも、損害賠償を請求する権利があります。

弁護士の小杉晴洋(こすぎはるひろ)と申します。
この度は、当事務所のサイトをご訪問いただき、ありがとうございます。

治療中の方や後遺症が残ってしまった方へのメッセージ

現在治療中の方、後遺症が残ってしまった方など状況は様々だと思います。
労災被害に遭ってしまった場合、死亡事故でない限り、リハビリなどによって完治を目指します
しかし、リハビリなどによっても完治に至らず、症状が残ってしまう方も多くいらっしゃいます。
悲惨なのは、労災被害によって後遺症が残ってしまったのに、それが慰謝料額などの賠償金として反映されないことです。
労災被害に遭ってしまったために、仕事を辞めざるを得なくなった、趣味の登山ができなくなった、子どもとキャッチボールをすることができなくなったなど、被害者の方ごとにつらい状況があると思います。
もちろん完治するのが1番良いですし、みなさん事故前の状態に戻してくれということを望まれていると思いますが、後遺症が残ってしまった場合には、そうはいきません。
被害者の方ごとの、つらい状況を、慰謝料額などの賠償に乗せて、請求していくことが私の仕事となります。
適切な損害賠償請求をするには、まず障害等級を獲得しなければなりません。
障害等級は医学的な判断と法的な判断の組み合わせによってなされますから、適切な障害等級を獲得するには高度の専門性が必要となります。
私は、これまで障害等級1級~14級までのすべての障害等級を獲得し、解決して参りました。
骨折・靭帯損傷・CRPS・高次脳機能障害など類型ごとに障害等級の認定を受けるポイントがあります。
また、障害等級を獲得した後も、それで終わりではなく、仕事がしづらくなった/できなくなったことの損害や、つらい思いをした精神的苦痛の慰謝料などの精密な算定が必要です。
当事務所では、通院期間や通院日数から機械的に慰謝料算定をして、さらっと示談で終わらせるようなことはせず、1つ1つの損害費目について丁寧に立証をしていき、場合によっては、裁判基準を超える金額での解決を目指していきます。
賠償額の見立て、障害等級の見立てについて無料で法律相談を実施していますので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。
ご縁がありましたら、解決まで全力でサポートさせていただきます。

死亡事故のご遺族へのメッセージ

おそらく、ご家族などを亡くし、失意の中で、なんとか気持ちを奮い立たせて、弁護士をお探しになられ、当事務所のサイトにたどり着いていただいたのだと思います。
私は、これまで多くの死亡事故を解決して参りました。
死亡事故は取り返しのつかない事故類型です。
加害者や会社に刑事の有罪判決が出たとしても、億単位の多額の賠償金を得られたとしても、「よかった」という気持ちで終えることができません。
弁護士の目から見ても、ハッピーエンドのない、非常に難しい類型の事件ということができます。
ただし、何もしないよりも、何か行動をした方が良いと思っています。
真実は、お亡くなりになられた被害者の方には何の落ち度がなかったにもかかわらず、生き残った加害者や会社の話のみから、被害者の方にも落ち度のある事故であったと認定されて、納得がいきますか?
安い相場観で、お亡くなりになられた被害者の方の精神的苦痛やご遺族の精神的苦痛が慰謝料算定されて、納得がいきますか?
私は納得がいきません。
どんなに頑張ってもハッピーエンドを迎えることのない事件類型ですが、故人の無念さに思いを馳せ、できる限りのことは精一杯やらせていただこうと考えています。
死亡事故は、天国の故人に顔向けできるかという側面があり、弁護士としては、最も身の引き締まる事件類型です。
当事務所では、お亡くなりになられた被害者の方が歩んでこられた人生をご遺族とともに振り返り、失われた人生がどのようなものであったのかを手続に反映させていきます。
また、のこされたご遺族の方の無念さ・怒り・虚無感などの心情も慰謝料などに反映させていきます。
この世から死亡事故がなくなることを祈りつつ、起きてしまったものに対しては、毅然とした態度で加害者側・会社側と対峙していきます。

弁護士小杉 晴洋